top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

緊張するのやて

うめだ阪急、ありがとうございました!


なんかここんとこお会いできましたのに緊張して話せなかったわ!みたいなかんじのことをお客さまにその後伝えていただくことがあってぽかんとしたりしています。

こんな…こんなにんげんに…?


とはいえそう感じていただけるのもほんとうはくすぐったく嬉しい。

外ヅラじゃないけど、やっぱほんとうのところは作っているものでしか伝えられないというか、ほんとうの伝えたいのとか考えていることを表現でしか表現できないので結果的に表現者とか芸術家とかそういう話になってくるわけでして、人間の顔して話している時よりもののほうがずっと語っている。

やっぱ話す時はキャラクターになっちゃうもんな、どうしたってそうだ。


キャラクターとしては、すごく話しやすくとっつきやすく作っているつもりですのでおかまいなしに話しかけてね!とも思います。

(これは私にとっては無理してるとかじゃなくてお外に出るのでお化粧をしましょうね、くらいのこと)


けど作るのは、ノートっていう、本っていう、基本的に対自分、というもの。

キャラクターを話しやすく作っているぶん、緊張されると、なんか、あー、ものと話してくださった方なのだわー、と、また違う嬉しさがあります。


そなんだよな、世界は個のなかにある派なのな、どっちかっていうとな。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page