top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

ALL ROUND

あのね

めがねがね

亡くなりましてね


交差点でね、小雨でね、

信号で止まっててね、

うしろは赤ん坊泣き叫ぶおかあさんのあの、何人か乗れそうなチャリンコでね、

小雨だったからめがねをとってポッケにしまったんです。

いざ青信号出発!ってそしたらポッケから落ちてね、その瞬間は気づかなくてね、そいでね、パキャン、て後に振り向いたら

泣き叫ぶ赤ん坊に疲れてる上に僕のめがねなぞを踏んでしまってもうおかあさんのほうが泣きそうでね、

アッちょうどよかったーめがね変えに行くところだったんですーみたいなわけの分からん無理な言い訳して赤ん坊を撫でて立ち去ったのよねいやチャリンコだったし走り去ったのか

えらいよね


まあなにごともタイミングだよね


前のめがねはヘルベチカめがね

フォントの曲線をめがねに落とし込んだ、デザインちょっとかじった人ならわくわくしちゃうタイプのやつ

あでだすのロゴとかヘルベチカですね

まあ、そうね、ヘルベチカスタンダードだしね。ぼくへんこだからあってなかったんだよきっとね。


気を取り直してじんずにいったよ

河原町のじんずは店構えが異常に洒落てて入ってみたかったの

さあ、どんなフィルターを通して世界を見ようかな、って考えました。

だからきんいろの、まるいふちのにした。

世界はみかたで一変することがありますからね。

きんいろでふちどって、まあるく世界を捉えよう、という魂胆ですよ。

ただでさえコミカルな顔がコミック感増大。あなたが笑ってくれたらそれでいいよ。

気に入っためがねに会えてよかった。



最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page