• すずめや

整えていく

広島から帰ってきて、

たまにやってくる、

台所まわりのリネン類を更新したい欲の沸騰にすなおに従い、リネンクロスをだかだか縫っていました。

いつも布はたくさんある。

紙もたくさんあって食糧もためがち。


作ったもので食住が満たされるのがわたしにとっての整える、のいちばんのところです。

衣までやりたくなってやってみることもありますけどこれはねー、技術がいるからなかなかねー、作っても結局ものにならなくてクロスゆきになってしまうことが多いです。

だから布がたくさんあるのよね。


広島から深夜に帰宅してそのまま、

お鍋みたいのをこさえてあったかいのを食べました。

自分でくらしをきちんとする、と補充されていくこれはなんなんでしょうね。

水拭きとか、お布団を干すのとか、

それでなんか手に入るものがありますよね。

消費するタイプのなんか、ちからが。


やるぞやるぞ!のやつじゃなくて

落ち着いて、淡々と紡いでいく日々の。


寒くなってきました。

季節が変わる。

なんだか人とのコミュニケーションの輪郭もすこしはっきりしてきたような。


道端でたまたま知人に会うとか、

目指して欲しかったものが目の前にあったとか、

さっき他の人と話したことが、

またちがう人との会話で出てきたり、

そういうわっかの繋がりが復活してきた。


整えるで補充されたちからのひとつかもしれない。

ただしく過ごすと、縁が回り始めるみたいなことってありますよねえ。

しみじみねえ。


まっすぐやってこう。


最新記事

すべて表示

たくさんの方にお会いできました。 本当にありがとうございました。 東京駅すぐの丸の内に一週間。 都会も都会、まあ12時間はおんなじ売り場にいるわけですけど岩手とはもうものすごい差です。 仕事に出てすぐ帰りたくなるのはいつものことなのですが、いや今回は、はじめて郷愁というのを体感した気がします。 すぐ帰りたくなるのは基本的に猫に会いたいとか自分のごはんを食べたいとかそういう欲求だったのが、ほんとに、