• すずめや

広島に来ました

きましたきました。


なんかびびってたんですけど

うーんよくわかんないびびりだったんですけど


催事場までドアトゥードアで2時間半。

距離もとても良かった。

朝一の荷物をドロドロになって梱包して、

発送して、おうちの中、

水拭きまでしてぴかぴかにして、

出張だってわかってない愛猫をひとなでして、

ちゃっとおうちをでたら、

新幹線に乗ったら、

もうすぐについてしまいました。


新幹線の中ではお外をずうっとみてました。

久しぶりに遠くに行くことをちゃんとわかりたいなと思いました。

たくさんの風景のなか、

思ったよりもたくさん、大きな川があった。

こんなにたくさん、大きな川があるなら

わたしどこにだって住めるよ、

と思いました。

でかい水の流れか、讃えがあるところがすみかのちかくにほしいんですよね。


ちゃんと着いて

広島は、駅に着いたところからとっても広島でした。

駅を出たらすぐにもみじ銀行なんてのがあったし、

路面電車も走っていた。

歩いたっていけたけれど、路面電車に乗ってみたくて乗りました。


地元にも路面電車はあって

なんなら高校の通学にたまに使ったりもしてたんですけど、

うーん、なんつうかおのぼりさん?

みたいなことを儀式的にしたかったんですよね。

遠くに来たんだよ、って思いたかった。


久しぶりに会う、

大好きな作家仲間たちには、

ああそうだこういうわたしだった、って、

脊髄反射的にではありましたけど、

キャーーーって喜んだりできて

わーーーーって話したりできて

ああ〜大丈夫なんだなあ〜って思えました。


台風きてて、なんか、あれなのかもしんないけど、たくさんとりもどせそうです。うん。


いつも人に助けてもらってばっかりだから、わたしもそんなみんなの世界がすみかがよくなるように、そう心から思って、屈託なく笑ってたいな。


最新記事

すべて表示

たくさんの方にお会いできました。 本当にありがとうございました。 東京駅すぐの丸の内に一週間。 都会も都会、まあ12時間はおんなじ売り場にいるわけですけど岩手とはもうものすごい差です。 仕事に出てすぐ帰りたくなるのはいつものことなのですが、いや今回は、はじめて郷愁というのを体感した気がします。 すぐ帰りたくなるのは基本的に猫に会いたいとか自分のごはんを食べたいとかそういう欲求だったのが、ほんとに、