• すずめや

ロハスフェスタにいってきましたの目的のほうの話

更新日:2018年5月4日


すごく興味のあったイベントでしたしひょんなことから知り合ったいい変態の作家さんが出店されていたのでいってきたのです。

instagram:https://www.instagram.com/potter_shishinoya/?hl=ja

自然農ですごい種から自ら畑をしてその稲のわら灰を使ってうつわの仕上げ(塗りっていうの?)をするのですいい変態ですね。

ロハスフェスタに興味がっていうのは前述したオーガニックオタクの側面がとっても大きかったです。すずめ家はロハス的観念よりもっとウェットなものを扱っているつもりなので。

でも行ったらロハスよりもフェス感のほうが強くて面食らいました。笑

太陽の塔がいてたのでどうにか平常心を持てたくらいです、なんか東京の公園みたいな雰囲気でビシビシでした。




ししの屋さんとこではやっぱりお茶碗にしました。

おこめのわらを使っているのでおこめをいれるのがいいと思ったし、歪みがあって口が薄いやつを選びました。納豆生卵ラヴァーなので、かっこむことが多分人より多いめで、口の薄さが重要なのです。ずるりとごはんをかっこんでもぐもぐもぐもぐ噛むのが好きです。


それでめぶき農房さんとこのまめちゃんを蒸したのとお塩とまめごはんにしまして


もりました。

最新記事

すべて表示

たくさんの方にお会いできました。 本当にありがとうございました。 東京駅すぐの丸の内に一週間。 都会も都会、まあ12時間はおんなじ売り場にいるわけですけど岩手とはもうものすごい差です。 仕事に出てすぐ帰りたくなるのはいつものことなのですが、いや今回は、はじめて郷愁というのを体感した気がします。 すぐ帰りたくなるのは基本的に猫に会いたいとか自分のごはんを食べたいとかそういう欲求だったのが、ほんとに、