top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

没頭

明けましておめでとうございます。

元旦は食って寝るというかんじで体力の回復につとめましたが、もうそのあとはがつがつのごりごりに制作しています。

朝から晩まで、家事も最小限に作っている。


今の家は京町屋で、作業場は日が入らなくていつでもおんなじかんじの光量で、風もあんまり通らない。

(隙間風はあるけど)

ぬくぬくにストーブをたいていて、温度も変わらず猫は常にそばでつきたてのおもちみたいになっている。

これはさすがにやばい。

気が違ってしまう。

久しぶりに今日は午前中アルバイトがあるのできちんと身なりを整えてお外に出ましたけど、これがなかったらどうなってしまうんや。


ひとりはこういう采配がうまくできないから気をつけなきゃ。

もしうまく岩手に行けたら恋人と猫と住むということになる、人がそばに暮らしていればこんなはちゃめちゃはやらなくなるしやれなくなる、たぶんそのほうが健康的だよな〜。

いまはとにかく、がんばる〜。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page