top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

来年は

ようやく生活変えられそうなので

本当ずっとやりたかった

暮らしと制作に没頭するをやりたいです。


暮らしは制作に直結している、

このからだから生まれるものたち、

なのでこのからだを心地よくすることが良き制作に繋がるのだ。

畑を耕し肥やすというようなこと、

それで滋養のある作物を育て収穫したい。


一人暮らしはとても長いけども、

おもうさま暮らしをちゃんとできたことってなかった。

そのときどきで、お金がなくて、とか、スペースがなくて、時間がなくて、ほにゃほにゃほにゃ。

部屋に来てくれた人たちはみんな和んでゆっくりしてくれたんだけど、また来たいって言ってくれるんだけど、まだまだ全然できてねえのよ、と呟く自分が常にあり、もうそうゆう暗いやつはぶっとばしたいのでおもうさま暮らしをしたい。


ライフワークなのでそのまま作るも暮らし。

朝から晩まで作り続けることだけを考えられる暮らしが欲しい。

ずーっと作るでくたびれたい。

毎日日の出に感謝して、絵の具を触って、紙を折って、紙を切って、日暮れに電気をつけて、あーくたびれたってあたたかい晩ごはんを食べて、お湯に浸かって眠ってまた明日になりたい。

そればっかり抱きしめてたいなあ。

途方もねえ目標にも思えるけれども、

鬼が笑うってくらいだから、

いまのうちに言っとこう。




最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Kommentarer


bottom of page