• すずめや

春の小川

さようならを願って

泣くように散る

あの花の一片を

のせて はしる

すきとおった水


まだおよぎだす前のいのちが

まくにつつまれて丸くなって

うすいみどりのゆびさきに

じっとしているのをなでている

すきとおった水


ぬくもってゆく世界の温度を

まだもう少しと冷ましながら

小石のかどをまるめている

すきとおった水


はしゃいだ魚のはねるのに

まるであわせてうたうように

はらとおなじの銀色の

しぶきをあげる

すきとおった水


とけた冬をのみこんだ山が吐きだす

すきとおった水


Copyright © 2018 suzumeya