top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

春の大風

今日はひるごろ風がとても強かった。

玄関の戸が開いたような、

でっかいトラックのゆくような、

いや、これは、ネコバスの音。

アニメーションてのはたいがいおおげさと思うけども山あいの大風はほんとうにネコバスの走っているようです。

大きさもほんとあんな感じです。


初うぐいすも聴きました。

道ばたで話しかけてきたもと野鳥の会のちょっと上の会員までいったという鳥好きおじさまによると京都のうぐいすよりこっちのうぐいすのほうが歌がうまいらしい。

でもたしかにそんな気もする。

(最近は春になってみんながうかれているので庭先でなにかしてると通りすがりの車が止まって話しかけてきてくれる。東北の人はシャイだとほんとに感じているけど春になってちょっとタガが外れているみたいでかわいい)


いまはまだ木に葉っぱがないから、

木々に囲まれ、低くなっている渓流のまわりで小鳥が鳴くとオーケストラホールみたいに反響する。

葉っぱがたくさん出ると鳥の声はすこしくぐもる。

葉っぱといえば木の幹からドリル式に出てくると夫に教わったけどそれは嘘だったとわかった。

つぼみはつぼみでも、お花のつぼみじゃなくて葉っぱのつぼみがついている。

つぼみといえばお花の咲くものだと思っていたので驚いた。

小さい小さいつぼみから小さい小さい葉っぱが少しずつ開こうとしている。


ブルーベリーとラズベリーとブラックベリーとクロスグリの苗を買った。

春に浮かれているのはわたしもおなじ。

ホームセンターにはシャインマスカットの苗もあった。

シャインマスカットもぜったい植えたい。

初心者むきなんだそうだ。


近々トラクターを貸してくださる方が来られるそう。

憧れの畑だ。畑作業だ。

お礼にこないだの出張のとき、可愛い缶に入った金平糖も買っておいた。

そのうちこういうお礼が手作りでわたせるなにかになるといい。

ここに住む人たちみたいに美味しいおかずの瓶詰めとか、畑で採れたさつまいもとか、そういうのを渡せるようになるといいな。



最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comentários


bottom of page