top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

尊い祈り

日本橋丸善いちにちめありがとうございました。

いやほんとにありがとうございました。


丸善の店員さんにすずめやさんのお客さまみんなすごくいいひとですね!って言っていただけましてフハハ!そうなんですよ!なんてやりとりをしました。

みなさんほんとに楽しんでいただけて、にこにこしながらノート選んでくださって、みんないい方ばかりなのでわたしも浄化されて綺麗になれるんですなんて言いました。

しあわせなこと、ほんとうにしあわせなこと。


イーハトーヴォのアトリエが実現しますように、という文面の入ったメールを以前おきゃくさまからいただきました。

ノートが作ってくれた縁のあるお客さまで、ノートがその方をほんのちょっぴり、救うようなことがあって、そしたら救いを返してくださったのです。

こういう祈りの連鎖ですきとおっていける。

尊い祈りをいつもありがとうございます。

ほんとにがんばってきてよかったです。

生き続けていてよかったです。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

留言


bottom of page