top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

てくてく

あるくあるく


道ばたのでっぱりのうえを

バランス不恰好にとりながら

ここから落ちたらウツボの海だよ

ちいちゃな牙でたべられます。


たっぷりおかねをつかいながら

まいにち削って手にしたその糧をつかいながら

おさいふぱっくり口があく

こうこう、明るい電気のしたで

突貫工事の床のうえ


わたしはてくてく歩きます

そちらはみないよ

おつきさまみるのに忙しい

かったいかたい河原を踏むんだ

足首まで固定するサンダルがすすめと言う


月があかるく街灯もひかる

河の水面にうつります

たくさんの恋人がはしゃいでいるよ

わたしはてくてく歩きます


こうもりがふしぎに舞う

みみもとではりきって歌う彼女と


ずいぶん涼しくなった夏の夜

暦の上ではもう季節が変わったそうです

川も流れる

風も流れる

じかんもともに


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page