top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

おちねこ

もともとあんまり動かないタイプですけど最近とみに寝転がっているというか落ちてるかんじがします、ねこ。

歳をとったんでより動かないのかもしれませんがちゃんと元気で毛並みも良く、声はちいちゃいころからかわらず高くて可愛くて甘い。

コロナ禍でめっちゃ家にこもっていて、わたしが常時家にいるという油断によるごろ寝だと思うんですけど愛しさがすごいですね。


長毛種なのでこまめにブラッシングをしなきゃならないんですけど、ブラッシングのことがきらいなのです。

いやー!ってすぐ怒る。

むきになってしつこくすると逃げる。

それがねえ、逃げるってもねこ的に五歩くらいなんですよねえ。

ちょっと遠くにいってむってかんじの顔でこっち見てるんですよ。

じゃあもう知らない!ってブラシをおいて作業にもどると30センチくらいの距離まで戻ってくるんですよね。


自分より何倍もでかい話も通じない生き物に嫌なことをされたのに直後にこれですよ。

尊いよほんとに。

私のことが大好きですよこのねこは。

うれしいことよねえ〜、ありがたいねえ〜。

がんばろうねえ〜。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comentários


bottom of page