top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

食べざかりのきみたちへ

すてきなおとなとおはなしたいな

ってなあ、

若者の特権で、貪欲で、愛おしく、愛らしい姿勢であります。

年齢の振り幅はいくらでも、

わたしの場所をどこに置くかでいつでも若者になれるし年長者の顔もできる。

歳を取るのはいいものですねえ。


ガッツガツ来られるとこっちも温度が上がっちゃったりして、ああでもくたびれた〜なんてなってる自分もよかったりして。 そんなすきまに、ただなにも考えずに心底下らない話でただ笑って一緒にいてくれる仲間もいたりして。 日々は濃い。 教えて教えて!って言ってくれればいくらでも。 わたしの知が役に立つならいくらでも。 あなたの知も、わけておくれね。 ちょうど吸血鬼のシーズンインだそうです。 まあ知識はそのまま血にちがいない。 (僕の場合は。) 育っておくれね美しく、磨いて、磨いて。 愛いだけではなく格好良くね。 oui、憂い、それでも君はいつでも原石です。 そのまんまだって素敵だよ、ぜんぜん愛してあげられる。 だけどこれは、わたしの欲です。 よそゆきの一張羅のために、格好つけてる君も見せて。 かっこいいのを着こなすには、どんどんハードル高くしてって、低いとこから飛び越えて、ごうごう、風に吹かれて、鳥よりも遠くへ。 みんながちょっとずつかっこよくなって、 世界中かっこよくなって、 いいね、素敵だね、いかしてんね、って笑い合って。 毎日お風呂にはいるみたいに、素肌からみがいて。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page