top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

虹を見たよ

写真でおすそわけです。


虹や雲、ひとつとってもあれはいたちみたいだ、とかケーキみたいだ、とか、花が散ってるみたいだ、なんて好き勝手に思うんだもんなあ。

ただあるだけに勝手に感じているんだ。

いってる自分もそうだ。


いろんな情報が、ほんとに目まぐるしくたくさん入ってきて、フィルターで濾さなきゃとてものめなくって、でも飲まずにはいられんようにからだができてるんだ。

ああだこうだ。

だからいう。

めがくらんじゃうから、じぶんがみやすいようにみる。


裏表のある丸いコインも、横から見たらしかくいの。

かたちはいつでもひとつじゃない。

すきなようにみて、話して、あわなきゃあわん、あうならあう。

ないはないしあるはある。


地面に寝っ転がって寝落ちしたいな。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page