• すずめや

絆創膏とか

老若男女かんけいなく人として話したいな、とわりと強く思っています。

見た目もあんまし気にしないです。

綺麗なお姉さんや可愛い女の子は特別ですけど。


そう思って話していると、やっぱり老若男女かんけいなく、まだ治っていな

い傷に貼った絆創膏を、ちらりと剥がしてみせてくださるような場面があります。

老若男女かんけいなくいるので総量的には多いのでないかな、と思います。


そういうときに、わたし、いっぱい考えて、辛いのことをちゃんと噛んで消化して昇華して、いつも笑っておれるような顔も手に入れられてよかった、と、思います。

向き合った人間にしか見せられない傷があることを知っている。

相手が向き合った人間かどうか、少し話したらわかるもの。

向き合う必要のなかったひとたちに救われることももちろんあるけど


光栄です、と思うたび、苦しんでよかったと振り返ることができる。

最新記事

すべて表示

たくさんの方にお会いできました。 本当にありがとうございました。 東京駅すぐの丸の内に一週間。 都会も都会、まあ12時間はおんなじ売り場にいるわけですけど岩手とはもうものすごい差です。 仕事に出てすぐ帰りたくなるのはいつものことなのですが、いや今回は、はじめて郷愁というのを体感した気がします。 すぐ帰りたくなるのは基本的に猫に会いたいとか自分のごはんを食べたいとかそういう欲求だったのが、ほんとに、