top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

絆創膏とか

老若男女かんけいなく人として話したいな、とわりと強く思っています。

見た目もあんまし気にしないです。

綺麗なお姉さんや可愛い女の子は特別ですけど。


そう思って話していると、やっぱり老若男女かんけいなく、まだ治っていな

い傷に貼った絆創膏を、ちらりと剥がしてみせてくださるような場面があります。

老若男女かんけいなくいるので総量的には多いのでないかな、と思います。


そういうときに、わたし、いっぱい考えて、辛いのことをちゃんと噛んで消化して昇華して、いつも笑っておれるような顔も手に入れられてよかった、と、思います。

向き合った人間にしか見せられない傷があることを知っている。

相手が向き合った人間かどうか、少し話したらわかるもの。

向き合う必要のなかったひとたちに救われることももちろんあるけど


光栄です、と思うたび、苦しんでよかったと振り返ることができる。

最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page