top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

白はどこからやってきたのか

いつもあんまり作らない御朱印帳を作っていて、いつもあんまり触らない機械漉きの和紙を触っていて、その白さに、この間、好きな言葉を綴る人と話していたことを思い出していました。

なんと遊びに来てくださったのだ、嬉しかった!


本を眺めたり思考の話や音楽の話をしたりして、そいでそのなかにひとつあったこと。

白のもつイメージ、純粋、精廉潔白、花嫁の衣装や極楽に行く人に着せる白のイメージはどこからきたのか?


昔からみんなが知ってるもの、

たぶんそれを踏襲したんだろう。

どうも世界中で白のイメージは似ているように思うので。

日本は白無垢、ヨーロッパのウェディングドレス、綺麗でまっさらなもののイメージ。


だけど自然界にそんな白はどこにある?


雲の白とはなんか違いますよね、

もっと静かで平坦なイメージ、

白骨とかどうでしょう、

綺麗に白い骨になったのを見つけたら、イメージにちかいかも。

太陽光って白いです、

でもあそこまで生命力!みたいなかんじでもないし。

花の白もありそうな気がする、

イメージに近いのは百合の花弁の張りかな。

紙や布は肌理、って言い方しますよね、

確かに皮膚のかんじって白のイメージに近いかも。

では白色個体ってことでどうでしょう。

あ、確かに。


ここにあるのにないような透明感、

白の持つ存在の儚さ。

少し汚れたり混ざったりするだけで白じゃなくなっちゃう、みたいな厳密さ。


こんな問答は答えなんかなくて、

そもそもこれはどの範疇の疑問なんですか。

民俗学?社会学?色彩学?芸術の話?

わかんないけど


思考が合うのでこんなぼんやらとしたイメージについて言及しあえるんでしょうねえ。

なんつってちょっと恥ずかしいなあ。

なにせ彼女が好きですからねえ。

今度は勇気出して酒か飯に誘っちゃおうかな。



最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page