top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

未来のことを考える

ずっと行きたい場所があり

ここではないところで生きたいと思い続けています。


ただないものねだりはこの世の常だし、なんか、そうなだけなのかな、って懐疑もずっとあったのだけれど、まあ長く長くずっと行きたいから行きたいのだな、とちゃんと考えることにしました。


夢や思考を語るのはどうしても気持ちの良いものです。

ひどい言い方をしたいわけではないけれど、マスターベーションに似た恍惚がある。

わたしは一度経験があって、だからこう思うんですけどやりたいな。からやるぞ。に決めるのって明確に違うんですよね。

なんなら中学生のころから腕一本で生きていきたいなと思っていましたけれど、生きていこうと決められたのはもっとずっとあと、はたちもこえたあとでした。


臆病だし、だいじょぶかしら、っていつもちいちゃな雨雲のようなのがそばにいるんですけど、まあきっと、みんなのそばにそれぞれの雨雲がいるのやろなとも思うんですけど


行くぞにします。

そのために、できるだけがんばる。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Σχόλια


bottom of page