• すずめや

月夜の晩に

またブログかいてる!


月夜の晩に、てのもふしぎなことばで

月のない夜なんて実際にはないんですけれども

ふしぎなことばというより、詩的なことばね。

なにを月としましょうか。

そう、呼びましょうか。


今夜は忘れ物を引き取りに街中まで歩き

ついでやと思って気に入っているビール屋さんに行きたかったけどやたらとひとが多かったんでけっきょく鴨ビアーを致しました。

ほんとはねえ

ビールのみながら本読みたかったの。

夜だったからおみせやさんにいかないとあかりがないでしょ。

だから日本の文学をリリックに乗せてるひとたちのラップを聴いていた。


志人/玉兎 "heven's 恋文"


いや笑わんでくださいよ

いいアルバムだよう

ラップに偏見よくないよ。

寺山修司や志賀直哉をこんなかっこよくうたうのはこのひとたちくらいよ。知らんけど。


楽曲の切れ間にふと、三味線が聴こえて

イヤフォンをとったら対岸で誰かが弾いているようでした。

ビールが終わるまで、それを聴いて

それが終わりそうまで、ビールを呑んで

カレーライスはきっちり半々で終える派です。


テクテクあるいておうちまで

生野菜とイーハトーヴォのおにくをもりもり食べて、日本酒と。

汚れてきたスエードのブーツをシャンプー。

革の手入れはとっても面倒がかかりますが、手間をかけて愛してあげている自分もいい。

手間をかけたぶんの愛が足元にあるってなあ、いい。

足取りが軽くなって、どこまでもいけるのじゃないかしら、なんて。


眠くなってぶっ倒れて

夜中にも一度おきて、憑かれたように掃除。

イベント等のお片付け。

なんで夜中に雑巾かけるんだ?


昼間干したお布団で寝る

金木犀のにおいをシュッと吹いて


明日は画家の女の子にでかいパネルをもらうんだ。

一乗寺から五条まで、パネル持って歩けるかな。

電車に乗ればいいんだけど

ちょっとそういうおかしなのんびりをやりたいな。


Copyright © 2018 suzumeya