top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

春分、満月、通り雨

今日もたくさんご来店ありがとうございました。

一年近くまえ、ちょうどばたばた引っ越していたなあ。

きょうは春分、七十二侯の、雀始巣なんですって。


せんせいがなくなって、お通夜の会場の、もうこの椅子から立てないかもしれないって、歯が震えてからだじゅうにぎゅーーっと力が入って、ぼろぼろ涙が漫画みたいにとまらなくて、ほんなら仲良しのともだちが、おんなじ式場にいたんですけど、大学の先生だからいっぱいいっぱい人がいて、いまどこにいるの?って電話くれて、顔を上げたらそこにいてくれて、胸を借りて立ち上がることができました。

こんなに泣くか、って泣いたなあ。


次の日はもう朝超ブスで、スプーンでめんたまひやして、でもやりきれなくてずっとずっと掃除や片付けをしていました。

おやつどきからオープンで、すずめやにきたくてきました、って言ってくださるお客さまに救われて、うん、ちゃんとほんとにわらってしゃべれた。


翻訳家のおにいさんもきてくれて、相変わらずイカしたかっこで、興味深いお話ばっかりしてくださいました。

勉強さしてもらってばっかなのに、仲良くしてくださって嬉しいです。


そのまえも、読書家のおにいさんに読書会に誘っていただいて、その方も音楽にもものすごく詳しくて楽しい話ばっかりで、


わたしのせんせいが、変わってゆく。

そんなふうなきがしました。


きょうは、妹の結婚式のために、指輪の枕を作ったのです。

なんか、春分に作るのって縁起良さそうじゃないですか。

なので明日と明後日はおやすみいただいております。


お通夜で泣いて、結婚式でも泣くでしょう。

そうして切り替わったり革新されたり、日々でもそんなことがあるけれど、大きな出来事でも、そういうことがあるんですね。

こうやって人生をかさねてゆくのだなあ。


ずしん、と


ちょっとおっきく、大人になった気がします。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page