top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

想像から創造へ

まだらにじみのこと。

どくどく、のこと。



ずっと想像してた、創造のことを。

ことばにならない物語を綴じてゆくための本をつくりながら、

自分を肯定することに挑戦していた。

ひとを肯定することで、わたしの肯定を得る、というやりかた。

どこかでひとは自分を大事にするための術を身につけなければ大人になれない。


眩しく感じていたあの世界に、

ついに舞台を頂戴して挑戦できる。

わたしのことだから、ちから以上の何かを想定してがっかりするかも。

それでもそれでも。どうであっても。


表現していい、大丈夫、ちゃんとみてきた綺麗なもの。

いっぱいいっぱい考えたよ。胸張っていいはず。


あたまはここのとこ、そればかり。



最新記事

すべて表示

花植えとマラソン

集落の行事が続いた。 まずはお花植え。 空いてる場所にみんなでプランターに植えたお花を飾る地域美化の一環らしい。 用意されたプランターに土をつめてお花の並びがどうこうとかいいながら花の苗を植える。 そっちお水足りてる?とかいいながらみんなで植える。 お花の苗が余っちゃったとかいうことになって、そしたら近くの人がうちにあいてるプランターがあるとかいって持ってきて、そのプランターはお手製の木製のプラン

Comentários


bottom of page