• すずめや

恵文社さん

もうほんとうにいいところですねほんとうに

スタッフさんがみんなきもちいいとこはいいですね

しかも優しい

すごいこと


場の空気みたいなんはやっぱ人の雰囲気によるところが大きい、

なんだかんだ京都きてからずっと行ってるお店であり、変遷も客として体感したりしておりであんな時期もこんな時期もあんな思い出もこんな思い出もあるわけですけれどもいまはほわーんとあたたかく、春先のぬくもりのような雰囲気で、あじき路地という場所をちょっと抜けてやってきたわたしにはめちゃくちゃありがたい雰囲気であります。


これは勝手に感じているだけなんですけど、せっかくあじき路地っていうお店を持てたのになんか、浮気じゃないですけどそんな、奥歯で噛んでしまった飴の屑がいつまでも溶けないようなあと味がふわっとやってくることがあるんですけど、よく溶かしてくださってありがたい。

あとこのご時世にあの広い空間だと気兼ねなくお客さまと適度な距離を保ってお話しができてうれしい。

百貨店とかもそうですね。

一応の安心感はありますね。


写真ははじめてこんなにたくさんまとめて飾ってみたパネルです。

恵文社さんの店内の雰囲気もあわさって良い表情をしていると思います。

ご都合あえば、ぜひ。


最新記事

すべて表示

たくさんの方にお会いできました。 本当にありがとうございました。 東京駅すぐの丸の内に一週間。 都会も都会、まあ12時間はおんなじ売り場にいるわけですけど岩手とはもうものすごい差です。 仕事に出てすぐ帰りたくなるのはいつものことなのですが、いや今回は、はじめて郷愁というのを体感した気がします。 すぐ帰りたくなるのは基本的に猫に会いたいとか自分のごはんを食べたいとかそういう欲求だったのが、ほんとに、