• すずめや

恋と愛、でしょうか。

絵の具にだだはまり中。

いやずっと好きなんですけど、

製本のための絵の具から、

絵を描きたいの絵の具へのきもち。

表現者としてのきもち。


思えばせっかくの、親元離れた20代、芸術大学に通って、結局就職もせんとずうっと製本やっていて、そう、そんときのね、あっためていたというか、そんときに畑だけ十二分に肥やしておいたのに、芸術や表現の作物は育てなかった。その畑に急に製本畑から種が飛んで、ぶわわと育って広がってゆくようなかんじ。


恋か愛かと言われたら、恋です。

製本は日々。

わたしのライフワークだ。

これとともに生きてゆくのです。

それがいい。


表現には、いま、恋。

夢中になっちゃって、夜中にもかかわらずメール送っちゃうような、四六時中、そのひとの顔があたまから剥がれてくれないような、支障だな。

そんな気持ちで毎日は、過ごせないよ、疲れちゃう。

だけど鮮やかだ。


この恋を呑み込んで昇華したいな。

いまある愛に、彩りを添えられるのではないだろうか。

ねえ歳を取ってもふたり、手を繋いで歩きたいわね、なんてそんな終末。

そうなればいいな。


作ろう、描こう、そうしよう。

呼吸のため、生きるため。


Copyright © 2018 suzumeya