top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

好きな風景の話

いまお外に出ましたら

月がうっすら笑っていましたので、そんな話を。


晴れた夜に白い雲がうかんでいるさま


太陽をうけて流れる水がぎんいろにきらめくようす


鉄のフライパンのなかで、だんだんくったりしてくる細切りの玉ねぎ


かんかんに熱したフライパンに油を薄く塗ったときのかがやきかた


乾いた花弁が床に落ちているようす


鬼おろしでおろした大根の、うっすら透けて濡れているかんじ


少女の棒のような手足に、膝丈のひらひらするスカート


贈り物を選んでいる人の眉間のしわ


冬のくもりに枯れた木々の枝


お山がけむをはいているさま


林檎がいつつほど、ぱんぱんに詰められて並んでいるさま


新鮮なさかなの、生きているようなひとみ


洗い上げたおさらたちが、おしりをこっちにむけてじっとしているところ


肌の白い人の、首筋が赤くなるさま



最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comentários


bottom of page