top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。

穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。

そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。


わたしはしあわせものだったのだ。

穴ぐらからちゃんと出ていた。

なのに転んだ傷口ばかりみていたり振り返ったりしすぎていてずうっと気づいていなかった。

傷口はすでにかさぶたから新しい皮膚になっていて、目玉に双眼鏡をかかげていただけで、新しくなっていて遠くになっていた。


30年は、気づかなかったことを、なんと気づいた。

これは極個人的なこの世界の大変異。

わたしはしあわせものだったのだった。

最新記事

すべて表示

花植えとマラソン

集落の行事が続いた。 まずはお花植え。 空いてる場所にみんなでプランターに植えたお花を飾る地域美化の一環らしい。 用意されたプランターに土をつめてお花の並びがどうこうとかいいながら花の苗を植える。 そっちお水足りてる?とかいいながらみんなで植える。 お花の苗が余っちゃったとかいうことになって、そしたら近くの人がうちにあいてるプランターがあるとかいって持ってきて、そのプランターはお手製の木製のプラン

Comments


bottom of page