• すずめや

名古屋ラシックありがとうございました。

京都に帰るバスの中です。

昼間のバスって贅沢な感じ。

ばいばい名古屋、またくるね。


はじめてのメンバーとも、はじめてのお客さまともたくさんお会いできて嬉しかったです。

本当にありがとうございました。


詩にご興味いただけたのがとても嬉しかったです。

澁澤龍彦さんのことばで、たしか、「文章を書くのに本を読まない怠け者」といった意味の記述があったのをおぼろげに覚えています。

わたしはそれを教訓として覚えていて、彼は稀代の読書家であったそうなのですが、まあそもそもがわたし体育会系気質(古臭いことばですね)なので修行や鍛錬を信じている節がありまして、うん。

いま表現ができているのはここ十年の鬱屈の溜め込みの放出であるのは間違いないような気がしていて、だからいま積み上げることがまた何年後かの作品に成る。


表現ができるようになったことと、もうひとつ、すごく量をこなせるようになりました。

ゆっくりでも丁寧な仕事をし続けていけば、素早く丁寧な仕事ができるようになるから焦んなよ、って学生時代に働いていたバーのマスターがそういっていたことを思い出します。

糧としてやっていくなら、単価や利益率の低いおれらみたいなもん(そのときは飲食の話ですね)は、手が早くなくちゃ、量を捌けなくちゃ続かないからって。


いっぱいいっぱいつながって、ぞくぞくの武者震い。


最新記事

すべて表示

たくさんの方にお会いできました。 本当にありがとうございました。 東京駅すぐの丸の内に一週間。 都会も都会、まあ12時間はおんなじ売り場にいるわけですけど岩手とはもうものすごい差です。 仕事に出てすぐ帰りたくなるのはいつものことなのですが、いや今回は、はじめて郷愁というのを体感した気がします。 すぐ帰りたくなるのは基本的に猫に会いたいとか自分のごはんを食べたいとかそういう欲求だったのが、ほんとに、