top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

名前を呼んでよ

尾道いってきました

たくさんもらった

ああこりゃこりゃ


毎日誰かに会って

新しくあって

なんで呼んだらいい?って

名前で呼んでよって


久しぶりに会う友人と、朝から歩いておしゃべりして、どう、なにしてた?どうする、どうだった、こんなんよ、いいねいいねえ。

とりとめもない流れの話や出会ったいろいろ、シェアして循環、そうだよねって確認しあって、こんなことがあってさ、こんなこともあってさ。

ああそうだったの、こうなのかもねえ、そうなのかもねえ。


大きな岩に触った

久しぶりに海に会えた

縦横無尽の坂と階段のまち

ひとびとの距離感を体感、まちごと、場所ごと

ぼくはジョバンニできみはカムパネルラ

印刷所にいって、本屋さんにいって、映画館にいって、綴るにたどりついて、うろつくなかでもちらちら出会うさっきばいばいしたはずのともだち

ああここで生きているのねえ、くらしているのねえ。


どこへ行ってもひとがくらしている。

んんん。

もらった、もらった、抱きしめて溶かして外に出すぞ。

んんん、やるぞー。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page