• すずめや

出張洗濯事情

更新日:5月8日

こうやって催事出展?まあ行商に来ていて長くビジネスホテル暮らしになるといちばん厄介なのがお洗濯です。

だいたいどんなホテルでも洗濯機と乾燥機はふたつかみっつ、そしてホテルで洗濯を必要とするような人間の洗濯タイムというのはかぶりがち。


今回の行商でいうと10時から夜の8時までずーっと店頭にたっています。

となると夜、8時に終わって百貨店を出て、歩いて15分のホテルまで帰りしなに晩ごはんを食べたり買って帰ったりするわけですけども、そうなるとまあだいたい落ち着くのが夜の9時。

そこから洗濯や!と思って行って、ジャスト空いてたら30分。

だいたいのホテルの洗濯部屋は洗濯機と乾燥機でぱんぱんで待つことができないため一旦部屋に帰り、頃合いを見計らってとりにもどり、乾燥機2時間。

スムーズにいっても夜の12時ちかくなってしまうわけです。

途中だれかしらとかぶって機械が満員でしたらさらに待たなけりゃならない。

一旦お部屋に戻ってです。

めんどくせ〜〜〜!!!

朝やるとしてもめんどくせ〜〜〜!!!

3時間の早起きですよ!!!


ということで今回はちいちゃな洗濯板と洗濯洗剤をもちこみ、ワンピースはリネンのやつにして、折りたたみハンガーをもちこみました。

帰ったらとりあえず全部脱いで風呂桶で足踏み洗い、よごれは洗濯板でこすり洗い、濯ぎを二回、一旦雑にシャワーカーテンポールなどにぶら下げ、ある程度水が切れたら雑巾搾り、そしてハンガーです。

作戦が成功しましたよ。

そうなるとリネンのワンピースは乾きが抜群だからこれ一着を毎日着るということができる。

ということは荷物が減る!

いや増えてるか?いや大丈夫減ってる減ってる。


洗濯だけ洗濯機に行ってもいいのでは?というかんじもあるけれど、部屋からでなあかん用事がなくなるのは気が楽〜。

そして洗濯用の小銭も貯めなくていい。

だいたい洗濯部屋に両替機はついていない。

フロントに行けば両替してくれるけど用事が増えて面倒くさい。

お化粧もおとしていいし部屋着ひっかけてるだけの格好でいていいのやし。

外に出るための装備を解いていいのはいちにちの中でも最も嬉しい瞬間でありますので。


は〜嬉しい。

ずいぶん旅慣れもしたもんだわね。