• すずめや

令和の抱負

Instagramでもちょっと触れたのですが。


「ロマンチックで食べていく」

です。


わたしはこれから物語の始まる本を綴じている、製本家です。

ということで。

作るものが小さいことでご不便をおかけしたり、ハードカバーは開きづらいとか、無線綴じはどうか、とか、すべて作り続けて噛みしめました。

いま作っているかたち、プロダクトとしての問題点はあることをふまえてそれでもこのかたちでやっていきます。

なぜならわたしのロマンチックはそこにないから。


小口を手で化粧裁ちするのも、

あなたの敏感な指先が一番触れる部分にわたしの手仕事を残したいから。

小さめのサイズ感なのは、

ちいさくて、いつもそばにいて、さえずっているすずめのようなものづくりをしたいから。

ハードカバーが主たる理由は、

これから物語の始まる本にはしっかりした扉がふさわしいと思うから。

無線綴じがメインなのは、

糸で綴じるよりもその存在がより軽やかであると感じるから。

サンレイド(本文用紙のなまえ)を主に使うのは、便箋に使われることの方が多い紙だから。

いつかのあなたに描く、手紙を綴じているのです。


はーーロマンチック。

恥ずかしくて言えないようなウエットは、これから丸出しにしていきたいです。

いっぱいもがいたけどわたしは製本家で、絵描きで、詩人だから、うたうんだ。

イメージやポエジーのなかで生きていて、現実世界でも、それでどうにかやっていきたいです。


Copyright © 2018 suzumeya