top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

今年初素麺

正直ずっとひとりでいたらごはんよりおそうめんのほうが食べるかもしれません。

今日は昼間、かなり気温が上がったので、流水で締めた素麺と、アイスコーヒーが遅いお昼でした。

だいたい自分用の素麺は湯がく時に薄切りのお肉と葉物をぱぱっと入れて、流水で締めて、ちゃっと味付けして混ぜ麺みたいにしちゃいます。

お腹がぺこぺこでもすぐに食べられるのがいい。

お腹がぺこぺこすぎて急いで食べてもむせないし。


今日は午前中のアルバイトを終えてから買い物に寄り道をしたのでぺこぺこでした。

札幌出張中に朝晩風呂に入ったのでお風呂が恋しくて恋しくてたまらず、銭湯通いのための装備を見繕いに。

それから少し前から書いてるすてすて衝動に伴う暮らし整え欲の発露で、収納やらの見直しをしているので、その辺りをざっと見に。


お仕事でデパートはいくけど、お仕事なので買いまわりってやってもその場にいる作家さんのを買うのがほとんどなので、久しぶりに買い物に出た!ってかんじでした。

まあちいこき石鹸やかいらしい栓抜き、なんかいれる箱、って程度の買い物でしたけども、素敵なお店を見て回るのってたのしいね〜。

いつか必ず持つ!と憧れているリモワのショップ、かっこよかった〜。


デパート(商業施設)にふだん縁がないというか、行かんなあ〜って思ってましたけどお仕事で行くようになってだんだんだんだん、じわじわと楽しさがわかってきました。

いま新宿伊勢丹にいったらよくわかるんだろうなあ。

百貨店デビューが新宿伊勢丹て今考えると意味がわからんですね。

こないだ北海道の催事で、そのデビューのときに一緒で、それからもずっとお世話になってる作家さんとしみじみ楽しかったねえなんて話したんでした。

あんときは必死だったなあ。


つってまた、きっと振り返ればいまも必死だったなあ、になるんだろうなあ。

おきばるよう。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page