• すずめや

人生七転び八起き

なんつってもう、使い古されたことばですがねえ。


いやきょうね、自転車ですっ転んだんですよ。

そいでそのことをSNSにかきましたらば、まあSNSですから反応しやすいツールです、いろんな方からご心配やアドバイスいただきましてねえ。

助手ちゃんなんかイベント前で時間惜しいやろからって姿も見せずに玄関先に氷と包帯とを置いていってくれて、ちゃんと大事にしてくださいだって。

手当てすんのめんどくさい!なんて言っちゃったからさあ、いやここまでされたらするわ、手当てするわ。


デザフェス、絵も描きたいしノートもちゃんと売りたいので今回はお手伝いさんをお願いしていて、でも土曜日がちょっと都合つかんくなっちゃって、まあいっかひとりでいちにちくらいがんばっぺ!!日曜日はいてくださるしな!!などと勝手に腹を括っていたら救いの手が差し伸べられたり。


阪神百貨店から帰ってきたノートたち、すごく丁寧に梱包してくださっていて、搬出なんかいつだってだれだって時間がなくってばたばたやのに、ありがたくてありがたくて。


ちょっと集中ぶっこみすぎるとあーもうだめぜんぶひとりでやるなにもかもうまくいかんのやーいぢめるーなんて暗黒面に堕ちがちなんですけども、なんかすっ転んだことでぱっと目が覚めました。

かみさまにビンタされて起こされたみたいな。

あぶねーあぶねー、前をむこうぜわたし。

とにかく寝ます、からだをだいじにするんだ。

みんなに生かされている。


最新記事

すべて表示

たくさんの方にお会いできました。 本当にありがとうございました。 東京駅すぐの丸の内に一週間。 都会も都会、まあ12時間はおんなじ売り場にいるわけですけど岩手とはもうものすごい差です。 仕事に出てすぐ帰りたくなるのはいつものことなのですが、いや今回は、はじめて郷愁というのを体感した気がします。 すぐ帰りたくなるのは基本的に猫に会いたいとか自分のごはんを食べたいとかそういう欲求だったのが、ほんとに、