top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

三十路となりました

三十路です三十路です。

生まれて30年です。

思い返せばとっても長くて濃密だった。

人間としての意識がなかったような時間を考えれば、

まだまだ人生長いんだなってちょっとぞっとします。

なんでもできるな。


誕生日は愛猫とアルコールで1日自堕落に過ごします。

自堕落しながら整理しなきゃなんないことをぼんやり考えたいな。


いま、仕事が本当に好きで、ずっとしてたい。

自堕落に過ごすとか、ゆっくり休むとか、旅行に行くとか、

それよりも家で製本してるほうがずっといいです。

眠らなくてすむなら永遠に作り続けたい。

続けるには体が資本なことも痛い目見たことでわかっているのでしませんが、

そうだ、まだまだ人生長いんだから、どれだけでも作れますね。


シーモアジョセフガイ「怖いもの知らず」

最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page