top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

ロハスフェスタにいってきましたの目的のほうの話2

そんなこんなでロハスを楽しみましてグーグル先生をたよりにいってきましたranbuさん(http://blog.ranbu-hp.com/)

すっごく前です、お互いにそれぞれ初めてちょっと経ってからくらいに、ranbuさんが確か手作り市ですずめ家を見つけてくださったのです。

それで今回のような企画展に呼んでいただいたのでした。


当時は2Fのみの営業だったかと思うのですが、いまは同じビルの2Fも3Fも借りられていて、ボリュームも迫力もんでした。

時期を同じくしていた、という印象が強かったのですずめ家ももっともっとがんばりたい〜〜といい刺激をいただきました。



なんの連絡もせずに行ったのでオーナーさんにはお会いできなかったのですが、とっても親切で可愛らしさ100点満点のスタッフさんと可愛らしい話に花を咲かせ、クラフトビールをお腹いっぱいのんで帰りました。

最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page