top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

ラゾーナ川崎ありがとうございました。

無事に岩手に帰りました。

家はいいねほんとにいい。


ラゾーナ川崎は初めての場所でした。

お店の雰囲気も立地もわからないまま、

とりあえずGoogle先生の仰る通りの道を辿って到着しましたというかんじでした。

ちかごろはいつもの場所、というのがあるので初めての場所では初めてのお客さまにお会いできてたいへんにうれしかったです。

なんだか久しぶりに新しい出会いの多い一週間でした。


出張先ではとりあえず現地のQBハウスで髪を切るのですが、今回ラゾーナ川崎のQBハウスではおしゃれなお姉さんに当たりましていつになくあたまもおしゃれになりました。

QBハウスは順番制なので指名とかはないのです。

そして新しい出会いのおきゃくさまがたもなんだかシュッとしたおしゃれなお姉さまがたが多く、デレデレしてしまいました。

ちかごろの主戦場である丸の内や日本橋はビジネス街なので、こういうショッピングモール(しかもこだわり系おしゃれショップがならぶ)とはまた全く客層がかわります。


そしてラゾーナ川崎の丸善はフードコートとデパ地下部分、スーパーマーケットなどの集まる一階エリアでして、もう右を見ても左を見てもしゃんと胸を張ってわたくし美味しい食べ物です!と主張するきらきらのおかずやケーキやくだものやさい、目玉が潰れるかと思いました。

フードコートも鶏の三和、たいめいけん、パンダエキスプレス、めんたいこのやまやなど…。

イオンのフードコートとは一線を画す店構えで毎日ごはんが楽しみでした。

スーパーも閉店後までやっているし、いつもは侘しい気持ちのホテル晩酌もお惣菜があるのやからどんとこいてなもんです。

今回は長野のおきゃくさまが差し入れに生のあんずとブルーベリーをくださり、出張中にもかかわらず美味なくだものを頬張れるという素晴らしい時間もありました。

なんかふつうに楽しんでしまったな。


しかし帰宅の日、高齢の愛猫の様子がおかしいと夫から連絡がきました。

帰宅はきのうの深夜でしたが、今日は早起きして動物病院。

検査の結果は様子見、とのことでなんだかばたばたといたしました。

一緒に次男猫の去勢手術をしたので3匹中の猫2匹がしょんぼりしています。

次男猫はもっとはやくに去勢をした方が良かったのだけど、ふぐりがあまりに可愛いので伸ばし伸ばしにしてしまっていました。

もうあの可愛いふさふさは無くなってしまった。


いつもなら帰宅の次の日に商品を発送していますがそんなこんなでいちにちのびました。

今回でいうと4日まで発送はおやすみ、とかいっといて4日に発送するということをやっていましたが今回ばかりはカレンダー通りだ。

念のための余裕は大事だね。


今日は久しぶりに夫のごはんだ、嬉しいなあ。

なんかごはんの話多すぎですね。



最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page