top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

りょうくんと宇宙とぼく2

りょうくん(木下)

平成生まれの弟分、バイト先がいっしょでよくよくわかんない話をする

ぼく

昨日ナショナルジオグラフィックチャンネルで宇宙の話を見て興奮している


”りょうくん、ぼくら電波飛ばしてつながりたいのって、さっき言ってた社会をつくってしまったのって、物質で宇宙に浮いてた時代にほかの、ほら、光線?光年?とかひかりでつながってたときのこと思い出してそんなふうにしたんじゃないかな!”


「ああ〜昔のこと覚えてて、そうしたんすね」


”ほんでもさ、それ繰り返してみたけど地球狭すぎてこうなっちゃったんじゃない?”


「わからんでもないっす」

「光ってそれ自体が意味わからんけど、そうかも、誰かと交信するためにできたのかもしれんっすね」


”それことばじゃね?えっでも太陽、ひかり、あったかいね”


「自分はこの話で言ったらすごい感覚派だからSNSとかも好かんし言葉もうまくないっすけど、う〜ん、わかんねっす、でもおもしろい」


”あとさあ、生まれるのが魂とか、意思とか、そういうのんない段階で決まってたんだったら、ぜんぶ決まってるんだったら、なんでぼくらいまたくさん考えてややこしいことになってんだろう”


「...さあ。自分はもっと、なんつうか、ここ(体幹をさして)でコミュニケーションとりたいっす」


”この状態が、つぎの段階に必要なんかな”


「う〜ん、どれくらいあとなんでしょうね」


”例えばぼくらが恋人を作ったり家族を作ったりするのって太陽が欲しかったあのときの記憶のせいだとしたら、宇宙ってほら膨張し続けてるらしいし、そういうあれなんかな!”


「たしかに寂しいとかって本能的なもんな気がしますね」




最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page