top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

ふるいつくえに

恵文社一乗寺店さん二日間ありがとうございました。


お借りしている空間は、古い木の机と椅子がたくさんあって、使い込まれた木材の床、ラフに塗られた漆喰の壁がなんとも落ち着く場所であります。


日々作り続けたものがいままできちんと愛されてきたものの上に並ぶというの、綺麗な空気に洗ってもらっているみたいで嬉しいです。

ひかり射し、祝福を受けているかのような瞬間もありました。


お客さまは来られるんですが、空間そのもののもつゆったりとした空気にいつもぽかんとしてしまう。

それは例えばでかい川のそばでぼけっと煙草を呑んでいるときのようなしあわせです。

なんか最近はせかせか作ってて、急ぐこともないのに詰まってるみたいなかんじから抜けられてなかったんですけどもいったんリセットできたみたいで嬉しいな。


ぽかんとしていて思い返す、

いままでやってきたこと、

あれもこれもなくなってるな、

あれとこれをつくっていたとき、

あんときはこうだったな、

わたしどこに来たんだろうな、

道のりは覚えているけどさあここは?

と問うと、ううん、

きっと、過ぎた後にわかるんだろうな、


最新記事

すべて表示

花植えとマラソン

集落の行事が続いた。 まずはお花植え。 空いてる場所にみんなでプランターに植えたお花を飾る地域美化の一環らしい。 用意されたプランターに土をつめてお花の並びがどうこうとかいいながら花の苗を植える。 そっちお水足りてる?とかいいながらみんなで植える。 お花の苗が余っちゃったとかいうことになって、そしたら近くの人がうちにあいてるプランターがあるとかいって持ってきて、そのプランターはお手製の木製のプラン

Opmerkingen


bottom of page