• すずめや

ぱぱうえと宇宙とぼく

ぱぱうえ

バイト先の社員さんでもと建築畑のナイスガイ。ぼくは彼の娘にいろいろ似てるらしくぱぱうえと呼んでいる

ぼく

昨日ナショナルジオグラフィックチャンネルで宇宙の話をみて興奮している


”ぱぱうえ、かくかくしかじかで!”


「え〜おもしろいじゃん、いま宇宙ってどこまでわかってんの?」


”宇宙は水の玉みたいのんで、ほんでその宇宙玉がいっぱいふよふよ浮かんでるのが宇宙の外やっていうことらしいです”


「血液みたいだね」

「俺、宇宙の外側が人間の形だったらおもしろいなって思うよ」


”いやわかる”

”ていうかじつはぼくそうなんじゃないかって思ってます。色即是空で空即是色ってそういうことなんじゃないですかね?”


「ミクロでマクロって話だね」

「ところでなんでいきなりそんなの見だしたの」


”きのうめっちゃ怖いゾンビ映画みちゃって寝れなくって、宇宙の話で癒されようと思ったら”


「よけいねれないじゃんそんなの笑」


”そうなんですよもう大興奮で!”


「今日はちゃんと寝るんだよ、むすめ」


”はいぱぱうえ(ごめんむりやねん仕事やばいねん)”


最新記事

すべて表示

たくさんの方にお会いできました。 本当にありがとうございました。 東京駅すぐの丸の内に一週間。 都会も都会、まあ12時間はおんなじ売り場にいるわけですけど岩手とはもうものすごい差です。 仕事に出てすぐ帰りたくなるのはいつものことなのですが、いや今回は、はじめて郷愁というのを体感した気がします。 すぐ帰りたくなるのは基本的に猫に会いたいとか自分のごはんを食べたいとかそういう欲求だったのが、ほんとに、