top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

はるだよう

きょうは電車に乗ったんです

朝は冷えていたけど、ぐーっとぬくもってあったかい昼間。


結構な確率で、みなさん居眠りしていました。

幸せそうなかんじ〜。

お日様が毛布かけてくれてるみたい、なんかおうちで寝てんのかなあってくらい緩まったかんじの寝顔でこちらはにやにや。

おじさんかって、そんなふうに気が抜けてたらかわいいもんですね。


電車をおりたら鮮やかに梅が満開。

写真撮りに群がる人たち(京都だから)。

みんなにこにこしていました。

いいねえいいねえ、こんなお日和に旅に来て、こんな綺麗に花が咲いてくれて嬉しいよねえ。


ホームセンターに用事があってその駅で降りたんですけど、むむむ、求めるものはない。

むむむ。

なんてしてたらおんなじむむむ顔の頑張り屋さんの友人が。

手ぇひらひらさせても気づかねえの、大変な時なのねえ。間に合わないなんてことないからねえ。頑張っときんしゃいねえ。手伝える事はなんでもするよう。

とりあえず知恵だけ貸してほなばいばい。


なんとなく力になれたかしら、って自己満足を覚えたので何も買わずに帰宅。

鴨川沿いで一服〜っていったらすずめがチュンチュンチュンチュン。

春だねえ、パートナーさがしかなあ。

元気で良く羽ばたいていた。


春だねえ。

春だよう。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page