top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

はいげんきです

がっかりしてめそめそしてどうしたんだい太陽みたいに笑うきみはどこだいウォウウォウってなーーー


かなりめそめそしたんで、もどってこれましたっす押忍。

落ちるときゃ落ちんだよ!!

でも這い上がり根性あるしな!!

製本を生きる糧に選んだ時点で根暗なんだよ!!

わかっとろうが!!

(じぶんに喝です)


体育会系アーティストってったら岡本太郎さんですね。みてきましたです、久しぶりに。

ふてぶてしかった〜。

相変わらずかっこよかった〜。

圧倒的不自然。

造形。


民族博物館でやってる驚異と怪異ってのを、

ともだちのグラフィックデザイナーとみにいったんですね。

インプットって、映画もライブも鑑賞も旅行も、あんまり人と行こうってならないほうでした。

気付いたらひとりで行ってるよねって言われる。

でも人と行くのもいいもんですね。

話せるね。

そうなんだよなこうやって、ひととかかわってひらいてゆく。

ひとりはひとりなんだけどさあ、そのへんちゃんと、なんだ、よくわかってなかったよね。

自立支援て言い当て妙だな。

自立は個、だけど支援は他人のしごと。


おんなじものみてても視野が違えば視点も違い、それを語り合うにはとってもいい展示でした。

惜しむらくはぜんぜん時間が足りなかった。

博物館で知識欲刺激されますね〜もうやべ〜ぜったいもういっかい行く〜。


そういやこんど東京いくの。

科学博物館いってみようかな。

まるいちにちインプット日をとったんです。

えっそもそもなにしにって

ともだちに会いに


ヒアーしあわせ。

こんなことができるなんてね。

嬉しい嬉しいだね。

そうそう。だから大丈夫。大丈夫。

わらってこう。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page