top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

ねこのひとりごと

ここんとこずーーっと

引きこもりでしたので、猫とずっとすごしていました。

ばりばり早起こされるのん、さみしいの裏返しかなと思っていたんですが全くそんなことはなかったです。

むしろあいつめちゃくちゃ昼間寝てますわ

だから朝早いんや

わたしがいようがいまいがばりばり寝てますわ


7、8年めくらいから、猫がすごくおしゃべりになりました。

顔は童顔なので(誰に似たんだか)、声も高くて甘いまんまで、急におしゃべりになったから、わたしは猫のおばちゃん化やって捉えているんですけど


話しかけるか横になっているか寝ているか、って最近はそんな感じです。

ちょっとためしてみっか、と思って、毎度毎度返事していたんですけどやめてみました。

ほんならねえ、まあ、もう。


にゃぁん

にゃあぁん

なーーーん

ふなーーーーん


高くなって長くなって、甘えんぼさんですよ。

返事っつっても日本語はわかんねえだろうから、適当ににゃんにゃかゆうて返してるんですが、わりと通じてそうな気がしました。



最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page