top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

どうでもいい話

年下の女の子とどうでもいい話ばかりの電話を秋の夜長に延々としました。

とってもたのしい時間でした。


人付き合いに季節あり、ということばを思い出す。

くっついたり離れたり、遠くなって近くなってまた遠くなって。

どうでもいいようなおしゃべりっていうのは、おはようとかおやすみとかそういうやつは、なんつうか水やりのようなことで、いきいきしているやりとり。

途絶えてたとえばしおれても枯れても、無くなったことにはならなくって、姿がぼんやり残っていたり、種や根があったり。

あったことがなかったことにならないように、枯れたのは枯れたのであり、で、また水やりをしてみて芽吹いたり耕したりなんだりかんだりしていくのね。

フリーズドライみたいに、時が止まって、お湯ですぐに元通りにならない。いきものだからだ。


歳を重ねて人付き合いに消耗するっていうのから距離をあけられるようになって、それは寂しいと言うことでなくって、solitude.


ふわ〜。


最新記事

すべて表示

花植えとマラソン

集落の行事が続いた。 まずはお花植え。 空いてる場所にみんなでプランターに植えたお花を飾る地域美化の一環らしい。 用意されたプランターに土をつめてお花の並びがどうこうとかいいながら花の苗を植える。 そっちお水足りてる?とかいいながらみんなで植える。 お花の苗が余っちゃったとかいうことになって、そしたら近くの人がうちにあいてるプランターがあるとかいって持ってきて、そのプランターはお手製の木製のプラン

Comments


bottom of page