top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

とろとろの吐露

髪が濡れたまま、

冷房のしたでねむってしまって

体調がすこしよくないです

おとなしくしてよう。


きのうはみんなでごはんをたべて、

仲良しと大好きな空間でお酒を飲んだ

とろとろに吐露。


ひと、ひと。

ひとであること。


思考がなぜあるのか

祈りはなんだ

どうぶつとして男女がなぜあるのか

種を存続したそのさきになにがある

なにがある


だれのことでも愛せるよう、

そう、ずっとだれもかれもをフラットに愛している人たちに魅力を感じ続けていた

ずっとだった

考えるきっかけがぽんぽん出てきて

きっといま、向き合わなきゃなんない


欲望ってなんで生まれるんだろうか

書きたい

描きたい

作りたい

届けたい

見ていたい

置いときたい

抱きしめたい

閉じ込める

そのさきになにがあるというのだろうか

求めることによって、発生している

というあたまがもうちがうのかな


ぼんやりしています

からだがだるいな

今夜はよく眠ろう


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page