top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

とりもどしてゆくための

あ、煩いな、みんな。

ってなっちゃって、

ほんとうの特別以外なにも入れたくなくなるというか

短刀抜いてぜんぶに斬りかかりたくなる時期みたいのがある。

こころが疲れ果てているとか、純粋に体力が足りない時とか、弱っているとき、好きな人と長くふたりで会えていないことを自覚しちゃった瞬間から始まったり、SNSなんかで雑多なインプットをしすぎちゃったところからとか。

とげとげの時期。


そういうときは、みのまわり。

掃除する。

整理する。

うつくしくととのえる。


とげとげにどろどろは、思考の整理だけでは追いつかないので、自分を救うために。

こういうタイプのやつは、自分で自分を助けるほかない、頼れないとかそういうことではなく、実際自分以外には助けられないのです。

ちがう誰かに例えば愚痴というかたちで吐いて共感なり叱咤なり激励なり助言なりをもらってもそれがかえって沼を深くしてしまうことのほうが多い。この例に関していえば仕事の愚痴ってこの世でいちばんださいもののひとつだ。

そう、とげとげの時期はもう、だせえなぜんぶ!!!ってなっちゃうんですよねえ。

下手にデザインらへんも噛んでたしねえ。


なんてひと事のように言っている、

つまりとげとげ期間を抜けましたんです、

ってことです。

こういうことがあること、わかってほしい、って意味ではなくって、(わからんひとにはわからん、そしてそれを悲しいとも寂しいとも思わんです)こんな感情があるぞ、ってのを出すと、おんなじ種類の泥沼にはまりがちなひとはちょっと救われるじゃないですか。

なんつうか、あっ、この症状わたしだけかと思ってたけど名前あるんだ!認知されてる!みたいな安心感ですねえ。


せいかつをていねいにする、わたしのためにだ。

かわいいかわいそうなあのこのためにだ。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page