top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

とうとう、ぴいぴい

たっっっくさんひとと話した日でした


なんとなくずっと知っているひとの

滔々と語る、ぐたいてきないろいろ。

わたしもかえす、ちいさなぐたい。


わりとこゆめに知っているひとと

抽象化された、でもとってもねっこのほうのはなし、のろい、時間、心と哲学、自然や空からかんじるいろいろ、朝まで。

ね、また朝までしゃべっちゃった。

なんだろな。


すんごいふしぎ。

あっ、このひととこんなに話すんだ、ってことや、話したかったひとと、すごい話せる機会が急にぱたぱた。

毎日喉が乾く。


つーめたいみずをーくだーさい

でーきたらーあいしーてくーださい

なんつってな!


以前より情報処理能力がたかくなったんじゃねえかなあとはおもいます

成長できるねえ。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

תגובות


bottom of page