top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

そういえばぶつぶつ

なおってきたよーー

心配かけましたーーー

ご連絡ありがとうございましたみなさま

だいぶ元のすべすべに近いよ…よかったよかった…


御心配おかけするぜ、でわかってても出せたからごめんだけどありがとうです。

ふだん無添加でくらしてるから薬がよく効くよね。

そう、今年は黙ってしまっちゃいがちなんもとりあえず言ってみちゃうにしてるんだ、もうほんとありがとう〜こんなとこまできて読んでくれてるのにメッセージまでねえ〜すんませんねえほんとに〜、愛ばっかくれてありがとう複数〜!

そっちばっかみてるから大丈夫〜!


スピリチュアルもネイチャーも哲学者も好事家も装身具やも紳士もみんなみんなありがとうだ〜

いろんな角度から救いかたの話をきけるよ、そんでそれぞれを尊重しあえてうれしいよ、はー。

特にきいたのはあれだ、

よく我慢してるの知ってるから、内臓とかやなくて見える場所に出てきてくれてよかったやん!てやつ

ほんとそうだよね〜

わたしたぶん中身がアレでもこんなふうに即病院いかんかったよね〜

はー。


写真はちょっとまえの、もう随分よくなったよ


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page