top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

この気持ちはなんだろか

ずーっと行きたくって、

おっしゃこらいくぞ!ってなった途端にパンデミックがやってきて、

ずーっとおあずけくらっていた、

憧れの土地にいざ明日発つのに

なぜか心が凪いでおりふしぎです。


なんなのか?


表現を仕事にしている者、という意味で、自問自答や内省の類は、日々の筋トレのようにやっているため、なんだかわからないきもちが自分のなかにあるというのがふしぎです。

どしただ。


久しぶりに土日お店をオープンしてたから、情報量過多で頭が回ってないのか?

いやそこまででもなかったと思うんですけど。

これも動物的直感の類かしら。

安心できる場所に行くってことかしら。


なにかが変わるだろう、と思って、ちょっと取り置きしている仕事があります。

ここ京都でぶつかってだめだった壁、

それをもう一度見つめるようなお仕事をもらえました。

長くいたから、いろんなことがそりゃああって、しこりみたいなのもあるわけです。

そいつが消える、というか、しこりと思ってたけどもしかしたら、今もっかいやってみたら、しこりなんて思わずに、君と仲良くなれるかもね?みたいなことです。


なんかそれも、こう、ふつうのテンションだったら、鼻息荒く決心!やるぞ!みたいなことだと思うのに、まるでハンバーグを切り分けるときみたいにすっ、と分けて、置いておいて、なんだろーな。

やっぱり感の類なのかな〜?


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page