top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

ことしの、目標てきな

書き残すことで振り返れますものね、よし、ふう。


とりあえず、くらしとしごとの両立を目指したいなと思います。寝るの。ちゃんと、映画とか美術館とかの時間も取るの。ちょっとしごとにふりきりすぎてた。

まあそういう性格ってのもあるんですけど。

こないだラシックで高校時代の後輩ちゃんに会えて当時のことぶわわと思い出しながら話してたら思い出しました。

干支どおりの突進タイプだったわそういえば。だから意図してくらしのほうをみつめなきゃならない。6時間は寝るようにしたい。

ほいで、余裕を持ってる感じになりたい。ねー。なりたいねー。


あと恥ずかしいんですけどこれは。

英語できるようになりたい。

会話、とりあえず。

1人でカラオケ行くのが割と好きで、たまに8時間くらい篭って絶叫し続けてることがあるんですけど、英語のうたは歌えるんですよ。

特に好きな曲はちゃんとリリックの和訳も調べてたりするのです。

繰り返し見る好きな映画に出てくる単語やちょっとの会話ならふれる。

勉強好きだしこんどは英語話したいな。いちねんでどこまでいくかな。

話せる範囲が広がるですよね。

人との出会いの面白さに去年はだいぶん宝をいただきましたので、味をしめたのです。

まだまだいろんな価値観に触れたい。


読書好きなので、世界の広さは重々承知のつもりです。

どんなに時間があったってこの世の書物を全て読むことはできないし、あさってもあさっても、波打ち際でぱちゃついてるだけなんだ。

じゃあその波打ち際でどれだけ楽しむかって考えています。

ちょっとカニ歩きして、ぱちゃつく幅が広がったらたのしいな。


(あともっと可愛くなりたい)


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comentarios


bottom of page