top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

きずそのご

もう痛くないですご心配ほんとうにありがとうございます…ほんとうにありがとうございます…。


まあ傷口はありますけど痛みもほぼなくなりましたしじゅるじゅるも出てませんし見てくれが悪いので絆創膏はしておきますけど大丈夫そうです!


指先ですので張り付くタイプの包帯を一巻き使い切りました。

よく動くし水仕事するしでねえ〜

何回も包帯かえました〜


それで

すごくいい傷用のパッド?をみつけたんでシェアしますね。

プラスモイストというのです。


ガーゼみたいな感じで、貼り付けるのに別のなんかがいるんですけどすっごいよかった。

もうなおってきてるんで言いますけど三針くらい縫ってもおかしくねえかな、て見積りの怪我だったんですよ。

でもプラスモイストのおかげでぜんぜん乗り切れました。

こういう緊急のやつって、Amazonさん、即日配達してくれるんですね。

知らなかったよ。


病院を避けたわけではなく、切ったのが日曜日で病院おやすみ、月曜は朝一から用事があって、そのままお店あけるしなあと思ってて、時間あいちゃうなあと。

切り傷で病院かかるのって時間勝負なとこあるじゃないですか。

ほんならAmazonさんがあっちゅうまに配達してくださったんです。

ペタリコしましたらあの、キズパワーパッド的なアレみたいにべたつかないし、傷口のじゅるじゅるにはりつかないので変えやすい=清潔に保ちやすい。

めっちゃよかったです。

おすすめでやす。

みなさまの救急箱にこいつとベタつくタイプの包帯は必須ですよ。


つうことでずばずば厚紙切ります。

ヨッシャコラ!


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comentários


bottom of page