top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

かわいいの魔法

まいにち幸せに暮らしたいのでへこんだりくらったりからは、迅速に距離を取るようにしているのですが

ここんとこ逃げられんとこや急に降って湧いたりしちゃったり追いかけられちゃったりして、へこんでいました。


ほなら、やっぱり救いが現れます。


美しい、年上のお姉様方、憧れの人、とかほんとにほんとにリスペクト!おんなとして!ってひとたちと、予定が入ったりしております。

こないだも昨晩も、なんと今朝も、それからこれから。

会えてよかったなあ、会えることになっていて嬉しいなあ。


なんでも軽く受け流して、もちろんリスペクトも持って、笑っていられる「かわいい」の魔法を、学ばせてもらっています。

魔法っていってんのはおんなのひとから学んでるから。

魔女とかディズニーのプリンセスたちとか、きゅんとするやないですか。


感覚の話が出来て、それでちゃんと両想いになれて、マイナス笑い飛ばしてかわいいのくくりにいれちゃうんだ。

大好きなそんな魅惑的なひとたちから、会いたいっていってもらえていてとってもうれしい。

きっと会えて、話せて、笑って、苦しいが話せて、共感もらって、さらにそれを昇華してゆく。

なんて軽やか。春の空気のよう。


華と魔法と女人なんて、すてきね。

いいものをみて、エロいとか、色気があるなんて言い方しますけど、ほんとうにそうだよね。

生物学の話ではなく、おんなにうまれてよかったな。


さみしいばっかし言って、御心配かけちゃった方がいましたらごめんなさい。

また会うときは笑っているわたしに、すてきなおねえさんがたに混ざれるようなわたしになっていますので。

なんてったって、あんな人たちと関わっていられるんだもの。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page