top of page
検索
  • 執筆者の写真すずめや

うめだ阪急おりかえしでやす

そしてきょうは満月です。

昨日は梅田のビルのアレでみれなかったけど、今日はようやくみれたです。

わっしょい、やったね。


くるまえはなんやらわからない、まるで卵白のお菓子の口溶けのような正体不明のもーやもやを噛み締めておったのですが(ほんとになにがあったわけじゃなくて)、始まりゃあなんのこともねえ、お客様との楽しいおしゃべり、気心知れた大好きな作家仲間とのまいにち、なんのもやも忘れてしまいました。


きのうは頭を刈ってもらったし、初めてお会いする大先輩に陳列の助言もいただいたし、きょうはアレ!まじでか!ひさしぶり!てな出会いもあったし、あとすっごいすてきなBARにつれてってもらえたし、お月さまもみれました。


愛でいつでも満ちているな。

そうなんだ、だいじょうぶなんだ。

すてきばっかり愛してたら、暗闇のこと見る間なんてないんだ。

そうだ、そうだ。


11月のデザインフェスタ、こないだの新宿伊勢丹でご一緒した作家さんにやってみなよ!って言われてキャンセル待ち(抽選)してたんですが、うかっちゃいました。

入金も済ませたんでまた東京にまいります。

なんねんぶりやろか、こういうおまつりのやつ。


絵をかけていなかった長い長い時期、お世話になっていた年も何年かありました。

絵を描けるようになってからはじめてのデザインフェスタ。

どうだろうか、春先の山菜みたいな勢いのアート!!!!ってなのがうずまくあの会場で、通用するかな。

通用するかな。

わたしは、かっこいいとおもってかけてるんだけどな。


やってみなきゃわかんねえな。

また走ろう。


最新記事

すべて表示

天変地異かも

人生の半分くらいを荒れた穴ぐらで過ごした。 穴ぐらではリュックを背負わされ、そこにたくさんの荷物が入って、たいへんに重たくなったけれども、とにかく進まなければ出口がないということだけを感じていて進んで進んだ。 そのときの荷物のなかの、もうもはやアイデンティティの一部と化したような硬くて重たいやつが、ほんとうは全然そんなんじゃなかったってことがわかった。 わたしはしあわせものだったのだ。 穴ぐらから

マリのソファ

きのうは次男坊と三男坊が長女マリのお気に入りだったソファにのぼって人間のおかずのお刺身をかっぱらおうとした。 もうしょうがないなあって言って小さく小さくお刺身を切ってあげた。 マリはすぐ人間のおかずをねだる猫だった。 このふたりはあんまりそういうことしない。 だから久しぶりにおかずを猫にあげた。 マリがここにいたのを、しっかりとした手触りとともに思い出した。 彼女が天国に行ったこと。 寂しいけど、

Comments


bottom of page