• すずめや

うみのむこうへ

いまねえ

大事なこがたいへんで、うわの空です。

もちろん日々をちゃんとすごしていますけども。


日々を過ごしていて、ちゃんと、なんだ、ふつうにできているし、そのことばっかじゃないんだけど。笑ってるし。


大事なこのたいへんは海の向こうで、そばにないたいへん、わたしには(社会的に)なんの関係もない、たいへん。

なのに中身が半分くらいどっか行っちゃったみたい。

関係ないから、海の向こうでまいごかも。

心配なんてしたら、あのこがかなしむ。


祈りしかできることはないんだ。

だから純度を上げていこうね。

もしもその祈りがとどくまえに、お腹の空いた流れ星に食べられちゃったとしても、また投げよう。

どうか、あのこのみるせかいが、あのこのめだまが、くもらずにすみますように。

ひかりとおなじにまっすぐに、しゃんと受け止めてのみこめますように。

大切な栄養になりますように。


最新記事

すべて表示

たくさんの方にお会いできました。 本当にありがとうございました。 東京駅すぐの丸の内に一週間。 都会も都会、まあ12時間はおんなじ売り場にいるわけですけど岩手とはもうものすごい差です。 仕事に出てすぐ帰りたくなるのはいつものことなのですが、いや今回は、はじめて郷愁というのを体感した気がします。 すぐ帰りたくなるのは基本的に猫に会いたいとか自分のごはんを食べたいとかそういう欲求だったのが、ほんとに、